ホーム報酬・費用

報酬・費用

相続登記手続の報酬・費用(以下税別)

・相続による所有権移転登記
定額 5万円
(遺産分割協議書・相続関係説明図など書類作成報酬、戸籍等取得報酬を含みます。)

当事務所では費用は定額とさせていただいておりますので、安心してご相談ください。

※低価格を強調する事務所の中には、遺産分割協議書・相続関係説明図などの書類の作成報酬や戸籍取得の報酬を入れていない金額を出しているところもあります。
その場合、トータルでは高額になってしまうこともあります。 

また、まとめてすべて込みの金額を出す事務所もございますが、個別に費用を計算していくと、かえって金額が高くなることもあります。

その点を注意してご確認ください。

(実費について)
以下の費用は、ご自分で登記される場合でも必ずかかります。
登録免許税
不動産の評価額の1000分の4
(評価額は固定資産税納税通知書や固定資産評価証明書に記載されています。)

その他、不動産登記簿謄本代、戸籍謄本等代、
交通郵送費などの実費(数百円~数千円)がかかります。

(具体例)
亡くなった方・・・夫
相続人・・・妻および子供1人の計2人
遺産・・・同じ市区町村内に土地および建物が1個ずつの計2個
土地および建物の評価額の合計・・・500万円

この場合で、妻と子供が持分2分の1ずつで土地建物を取得するとき

司法書士報酬 5万円(消費税別)
登録免許税 500万円×1000分の4=2万円
その他、
不動産登記簿謄本代、戸籍代、通信費などの実費・・・数百円~数千円
 
全ての合計・・・およそ7万円~9万円となります。

一般的なマイホームの登記であれば、ほとんどの場合こちら金額でお手続が可能です。

銀行等の預貯金の相続手続の費用(以下税別)

・預貯金の相続手続
5万円(銀行等の金融機関1社の場合)

・銀行等が2社以上の場合
1社につき、3万5千円

・相続登記をご依頼の方で、銀行等の相続手続もご依頼の場合
1社につき、3万5千円

相続人の数が4人以上の場合
4人目から1人につき、1万円加算


戸籍謄本等取得費用については登記手続の場合と同様です。

裁判所が絡む相続手続の報酬・費用(以下税別)

・相続放棄
4万円

・特別代理人選任
5万円

・後見・保佐・補助開始
10万円

以上は、申立書の作成、家庭裁判所への提出の代行を含めた総額です。

その他、収入印紙代、戸籍謄本・住民票除票等代、交通費、郵送費など数千円程度の実費がかかります。
ページの先頭へ